2019年11月05日

GUのセルフレジ

仕事の時には、薄手の上着を着ていくことが多い。季節に合わせた生地の上着では仕事中に熱くなることがあるので、薄手にしている。

季節が進み、外を歩くときには薄手の上着では少し寒く感じることもあるので、着たり脱いだりできる前開きのカーディガンを購入しようと思った。

いつものように高級な物や、厚手のものは要らない。電車に乗っているときにも寒くは感じないので、駅から現場までの距離を凍えながら歩きたくない。

アマゾンでは大きさの感覚が違うことがある。着丈、袖丈などが記載されていないことがある。ユニクロやGUを覗いてみた。安くていい感じのカーディガンをGUで見つけた。そこには「アプリ会員価格」が表示されていて25%近くも安くなる。 何だ!「アプリ会員」。

調べてみると、スマホのアプリをダウンロード・インストールして、メールID、生年月日を登録するだけで会員になれるらしい。不要な情報を収集しようとしないのが気に入った。メールでお買い得情報を拡散して、購入してくれればいい。名前も口座情報も必要ない。ネット購入するには住所が必要かな。精算の時にアプリの会員番号を表示するだけで値引きされる。

では、アプリをダウンロード、インストール。会員番号が表示されることを確認して、GUにカーディガンを購入しに出かけた。

手にとって、肩幅や袖丈を合わせてみてOKらしいのでレジに向かう。

店員らしい女性が二人レジの所に立って、服を折りたたんでいるがお客様の精算をしている様子は無い。左側にはATMの小型のような機械に向かい購入者が何かをしている。セルフレジのようだ。

ユニクロもGUも利用するのは数年振りで昔とは様子が変わったようだ。ネットの記事ではセルフレジを多用しているとか、スーパーでもセルフレジのゲートが増えたりしている。でも実際に利用した経験は無かった。

利用している方の後ろ姿を見て学ぼうとしていたら、店員さんが近づいて来て持っているカーディガンを機械の下を開けカゴの中に無造作に放り込んだ。画面の表示が変わったので、店員さんが指を指して「どうぞ」の意思表示。

画面には確かに購入しようとしているカーディガンの価格が表示されている。後は画面の指示に従い、スマホでアプリ会員の画面を表示させ、それを読み取らせると割引価格が表示される。その金額を支払い。

購入したカーディガンの大きさに合わせた大きさの袋を自分で選択し、それを持ち帰って精算は終了。

値札にバーコードが表示されていて、それを読み取らせる訳ではない。かごに無造作に放り込むだけで複数の商品を読み取るらしい。

値札に米粒のようなICが組み込まれている様子も無い。

調べてみるとRF-IDタグらしい。でも紙だけの値札に見える。そこはネットの力。その値札を剥がして何が入っているのか調べている人がいる。

それを真似て、窓ガラスに値札を貼って光を通して撮影したのが冒頭の写真。少し見にくいが回路が透かして見られる。

そう言えばネット記事で「ユニクロと特許紛争」を読んだ記憶があるなー。それがこのセルフレジだなと合点が行った。

1点の買物でレジ待ちがなく、私が操作している間でも後ろにお客様が並んでいることはなかった。店員もレジ精算する手間が省け、お客様の品物を折り畳んで袋に入れる手間が省ける。お金については警備会社の警備員が定期的に回収、補充するのであろうから、その手間も省ける。売上計算も販売傾向分析も本部で全てができる。

GUやユニクロの様にひっきりなしにお客様が来店、購入するような店舗では、このようなシステムは非常に有効であるような気がする。

しかし、店番と店員とレジ係と社長と社員とが一人、二人のような店舗では店員が対応し、バーコードを読み取って精算、集計、分析するほうがシステム投資が遥かに安上がりにできるだろう。そんな大げさな機器を購入・レンタルする必要性は無い。

空き時間に何にでも使用できるパソコンで集計、分析すれば良い。Excelでも充分な力になる。

この度のキャッシュレスポイント還元制度や、なんとかPayの攻勢で少なからず、システム投資と呼ばれるような、ある程度の金額を投じた個人商店も多いのではないかと思われる。5%還元のポスターを貼付したクリーニング店や美容院も多く見られる。

大型店はセルフレジのような省力型店舗で底力を蓄え、中型店はそれに追随するのか、これまでのように人力で進めるのか決断しなければならない時期が、すぐそこに来ているような時代になっている。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2019年11月05日 | コメント (0)

2019年10月10日

コートールド美術館展 鑑賞

午前中に秋葉原で11月の準備をし、夕方の所用まで時間があるので、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で観ていた「コートールド美術館展」に行くことにしていた。

秋葉原から上野まで昭和通りをぶらぶら歩き、途中の大衆食堂で昼食のカツ丼を食し、大きめのダイソーに目当てのものがないかを確認しながら、上野恩賜公園の南端にたどり着く。

清水観音堂のそばを通り、正岡子規記念球場でピッチングを見て、独特のデザインの動物園前交番を右手に、数年ぶりに東京都美術館の前。

たくさんの学生が並んでいたので、あんなに混んでいるのかなと思ったが、修学旅行生の集合場所が東京都美術館の近くだっただけ。一瞬、国立博物館・平成館に並ぶような人出かな、それなら鑑賞を辞めようとも思った。

チケット購入も並ぶほどのこともなく瞬時に済んで、展覧会場に入る。いつも思うが、会場内はもう少し照度を上げてもよいのに、主催者側はあの程度の照度が好きなのだろうか。明るすぎない程度の照明にしてほしい。コートールド美術館の写真も展示しているが、もっと明るいように見える。

印象派の絵画が多く展示されている。絵画展に行くのはそんなに多くはないので印象派の絵画のを思い出がないので、印象派は初めて見たような気がする。TVではよく見ているが。

セザンヌはどうだろう、素晴らしいとの説明文を読みながらでも、しっくり来ない。私の感覚にピチッとこないのだろう。コートールドは気に入っていたらしい。

マネの「フォリー・ベルジェールのバー」はTVや写真でも見ているし、記憶に残る絵である。背後の鏡に映る後ろ姿が、正面の彼女と違うような感じがする。手前のオレンジの色・形が群を抜いて実写のようである。

ルノワールは遠目でもルノワールと判るような特徴がある。色合い、描いた女性の形、全てがルノアール。

高校生の頃からスーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」が好きな絵で、WindowsXPの頃にデスクトップ壁紙としていたこともあった。

スーラの「クルブヴォア橋」が展示されている。点描の筆使いを見るべく、顔を近寄せて間近に見てみる。数知れずの点を、色彩学的な見地から並べて打っていく。近づいてみると点だが、少し離れると点ではなくなる。別々の色が塗ったような色合いに見える。好きだな-、この感覚。

展覧会に行った時には、いつも絵葉書を一枚記念に購入して帰る。今日の一枚はこの「クルブヴォア橋」に決定した。「フォリー=ベルジェールのバー」も捨てがたいが、飾るのがトイレの壁面なので、美人がこちらを見ているような感じは如何かなと思い、こちらにした。

入館する時には気づかなかったが、帰りに玄関を出るとタバコの香りがする。左の階段を上がったすぐの所に喫煙所があった。喫煙者には便利だが、嫌煙者はどう思っているだろうか。

ゆっくり歩いて上野駅に向かう。駅のチャージ機でSUICAにチャージする。田舎者の私には初めてだったが、チャージする時に、SUICAカードを差し込まなくて、カードを無造作に置いておくタイプ。調べてみるとスマホを置いてチャージする機械もあるようだ。領収書はカード状の磁気カードではなく、レシートのような紙である。コストセービングなのだろうな。

世の中、変化している。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2019年10月10日 | コメント (0)

2019年09月17日

Dual Boot状態

お客様から「PCの起動ができない」との連絡で出動。

このPCは新規のSSDにWindows10をクリーンインストールしたPCで、まだ1年しか経過していない。SSDはINTELの256GBを使用している。

トラブル状況を確認するとMBRが読み込めないようである。

インストールDVDからMBRの修復を試みるが、正常終了しない。ネットで調べると修復が成功している報告ばかりである。調べられる範囲では失敗した人は居ないのだろうか。失敗例は載せようとしないのだろうか。

Windows10をインストールする前には、HDDでWindows7を使用していた。そのWindows7も動きが不安定になっていたが、HDDはデータ部分も入っていたので、フォーマットせずに接続しておいた。

非常事態なので、起動ドライブをWindows7のHDDに変更して起動したら、チェックディスクを行いながら起動が完了した。

そこでINTEL SSD Tool BoxをインストールしてSSDの健康チェックを行ったが、問題ない。ハードウェア的なトラブルが発生したのではなく、ソフトウェア的なトラブルが発生したのだろう。もしくはウィルス的なエラーが発生したのか。

SSDに保存されていたデータは退避する。

お客様とお話し、Windows10を再インストールすることに決定。

SSDへのインストールなので、時間的には早い。早いが、DVDが1803なので1903まで上げるにはそれなりに時間がかかる。1903のDVDは用意していなかった。

しかし、これから原因不明の遅延に陥る。

PCケース内のケーブルも接続終了して、Windows10を起動する。しかしBIOSのメッセージが出るのにも、しばらく時間がかかる。HDDのアクセスランプも点滅せず、15分程待たされる。

そしてWindows10が起動すると、その後はなんの問題もなく、遅延も発生せず、稼働する。

電源オン時も再起動時も15分ほどかかる。起動時に一瞬Dual Bootの選択画面が表示されるが、選択する前にWindows10が起動する。

BIOSを調べても、起動ドライブは間違っていない。ネットで調べると、この状況と関連性がない説明が多い。自分が求めているものとは違う。ドライバーが合っていない説明もある。ドライバを調べてもバージョンも古くない。

起動時ログを取得させて調べても悪いところは判明しない。

PC内部のホコリが多くなっているので、もう一度PCを開けて、清掃する。CPUのファンのホコリも多く、フィンの部分にもホコリが詰まっている。それをアルコールで拭き取ったり、ピンセットで摘んだりして除去する。

その時、やってみたいと思った。お客様にWindows7が入っているHDDはデータも抜いてあるし、使用するのは、このような緊急時だけなので、HDDのケーブルを外して起動する相談をする。

すると、さすがSSD。Windows10の起動画面でサークルが回るのが5回ほどで起動終了する。

お客様の要望に沿ってカスタマイズする。

Windows10も1903の最新版になっているし、トラブルも解消したし、PC内部も清掃したし。

疑問としては解決していない。Dual Boot状態であっても、選択画面はすぐに表示されるはずだし、最初の何もしていないような15分ほどは何を悩んでいるのだろう。SSDにもHDDにもアクセスしないで、そして時間が来ると起動する。

タイムアウトで起動するのかCPUが何かやっているのか、判明せず。終了。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2019年09月17日 | コメント (0)

2019年09月01日

消費税増税 ポイント還元対応

消費税増税が一ヶ月後に迫っている。8%から10%への増税である。税抜表示をしている場合、頭の中での計算は単純になるが、支払いは確実に増える。

政府はキャッシュレスで購入すると9ヶ月間ポイント還元すると発表している。5%、2%と業者によって還元率が違うが、9が月間は増税がなかったかのような環境になる。

現金が一番と考えていた。手持ちの現金の把握が簡単なので使いすぎに心配しない。しかしExcelの小遣い帳を見ると、そうとも言っていられない。微々たるものだが。

全てが現金払いではない。クレジットカードも持っているし、nanacoもたまにではあるが使っている。

nanacoへのチャージも現金で行っている。Amazonのネットでの買い物はクレジットカードを使用している。クレジットカードのポイントはAmazonで利用している。次の買い物が若干安くなる。

nanacoへのチャージは、どうしても購入する予定よりも多くするので、手持ちの現金が少なくなる。手持ちの現金もある程度の余裕は必要である。

財布の中にはいつもJCBとnanacoは入っている。その他に、ポイントカード、診察券、保険証。カードフォルダは一杯になっている。

小遣い程度の使用ならばキャッシュレスで使用して、9ヶ月分の増税分を回避しようと考えが浮かんできた。

スマホにはNFCが入っているが、Felicaは入っていないのでおサイフケータイは利用できない。携帯電話の頃からおサイフケータイを利用しようとは思わなかった。

ネットを色々調べていって、使用しているクレジットカードJCBとnanacoを紐付けできる機能がある事が解った。

持っているnanacoにはQUICPay機能がついている。それをJCBと紐付けすると、QUICPayでの支払いがJCBでの後払いになる。naancoにもQUICPayにもチャージしておく必要が無い。

最近多くなってきた「~Pay」は利用する気にならない。スマホ紛失の危険性や、スマホ自体を銀行口座と紐付けするなどの危険性、7Payのシステムの欠陥が大事故が発生してから判明するとか。

セブン系で利用すると、nanacoポイントとJCBのポイントが付くらしい。まだ確認していないが。

MyJCBから紐付けの登録をする。すぐには利用可能にならない。JCBからの利用可能通知(封書:簡易書留)を待たなければならない。

9日後に簡易書留到着。これでnanacoがQUICPayとして利用可能になった。nanacoを紛失してもチャージしている分が使われるか、nanacoのQUICPayが不正使用されてもJCBが補填してくれる。

翌日、一応財布を持参しながらも近くのセブンイレブンに、タバコとオヤツを購入しに行った。ここでQUICPayの出番である。支払いに「QUICPayで」と申告してnanacoのカードを取り出す。nanacoカードを見せると「それnanacoですよ!」とのやり取りを避けるために、カードは裏返しで。

緑のランプが点滅するnanacoを載せる支払機にカードを載せると「クイックペイ」と甲高い声で反応してくれた。無事にQUICPayでの支払は終了。

QUICPayでの支払のレシートを、例えばJCBの支払が完了するまで保存するのは現実的では無いので、Excelの小遣い帳にQUICPayで支払ったマークを付しておく事にした。小遣い帳には現金の支出はないが、QUICPayで支払った金額も記入しておき、その月の支出額は把握しておく。

さて目的の「キャッシュレス・消費者還元事業」(こう呼ぶらしい)の登録申請加盟店一覧表を確認する。8月21日現在の状況らしい。

よく使用する近くのセブンイレブンを検索するが、登録されていない。何ということだ。セブンイレブンとしては一般的に2%だと思うのだが、フランチャイジーだと5%の場合もあるのではないだろうか。

これからは小遣いの範囲で利用する場合には、還元事業統一ポスターが掲示されている店舗で、QUICPayでの支払を意識していくことになるだろう。あと一ヶ月である。

統一ポスターを目立つところに掲示・貼付してくださいね、店舗様。

https://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2019年09月01日 | コメント (0)