OPENING

ホーム

事業案内

Qレスプ

その他

お問合せ



Blog

IT活用支援

コンサルティング

業者対応

PC導入支援

IT経費節減

LAN導入

業務支援

ホームページ作成

DB構築支援

PC教育支援

PC自作支援

トラブル対応支援

IT企業の作業支援

PC設定設置

Qレスプ


Screen Saver

◎パソコンの調子が悪い。電源を入れてしばらくするとハングアップしている。音楽CDを入れて聞いているとこれまたハングアップする。どうしたのかな? Virusかな?

◎そこでトラブル対応支援を要請することになる。もしかしたらVirusかも知れないので、Virusだったら駆除には時間がかかりますよ。WindowsMeだったのでまずはスタートアップに怪しい項目がいないかをMSCONFIGで調べる。「オヤッ。これと言って無い」

◎それでは時間がかかることだし、C-DriveだけでもVirusCheckをしてみる。D-Driveにはデータはほとんど入っていない。順調にCheckはすすむ。これはProgramがVirusを見つけ出すのを見ているだけなので「おちゃ・けでも飲んでゆっくりしましょう」と誘われてその気になる。

◎談笑していると液晶ディスプレィには何やらDialogBoxが表示されている。グラスを持つ手もハタッと止まる。しかしVirus発見のDialogBoxではない。「システムの内部 WL32DLL.DLLでエラーが発生」とりあえずOKを押す。ソファに戻ってまたグラスを持つ。何しに来てるのかな。

◎それが3回、5回と全く同じDialogBoxが表示される。時間的な関係は?グラスを持っていても仕事はしている。Messageと発生時刻はしっかり記録している。発生間隔が等間隔である。DialogBoxは6回出現して、VirusCheckは何事も無かったように「感染 0 Files」と表示して終了。

◎ハングアップした現場は見ていないので、しばらくほうっておいてトラブルが発生するかを確認する。「出たッ!」この状態は何?

◎一瞬ディスプレィが暗くなってからそのままハングアップ状態。お決まりのAlt+Ctrl+Del。再起動後、ScreenSaverを確認する。設定されているScreenSaverは「システムの内部」。WindowsMeのPlus!に附属するScreenSaverで、回路基板の上をコンデンサーなどが動き回るScreenSaverである。

◎しかしErrorMessageとともに表示される「システムの内部」と言う言葉はあまり気持ちの良いものではない。「モジュール WL32DLL.DLLで」とかの方が判りやすくないかな。Internetで調査してみるとPlus!のScreenSaverで使用されているDLLのようである。

◎原因が判ったのでPlus!のScreenSaverではなく、Windowsの一般的な「宇宙飛行」にし「待ち時間」を短く設定してScreenSaverが動くかを確認する。無事にScreenSaverは動く。「待ち時間」を10分にして、ソファに戻りまたグラスを持ち上げる。何しに来たの本当に!今度はソファから ScreenSaverが動くのを確認する。そろそろ「状況表」と「USB Memory」を片付けて引き上げる時間になってきた。

◎外は小雨が降ってきている。マンションのエレベータを降りて、駅までの道の途中、「ちょっと」酔ったかな、「おちゃ・け」に。(2005/07/11)














Copyright© 2005-2016 K.T.Services. All Rights Reserved.