2018年08月19日

修復 Windows10

Windowsの動きがおかしい。ブラウズしている最中に停止する。ダウンロードがうまくいかない時がある。との事でお預かりしたのは「東芝 dynabook T350/36ARD」

「CrystalDiskInfo」で調べるとHDDは「注意」で代替セクターをかなり利用している。これのせいだろう。このHDDからは必要なファイルはUSBメモリに抜いてあるそうなので、準備してあったSSDを使用する。

公式にはWindows10はサポートしていないが、無料アップグレードの際にMicrosoftがWindows10を薦めるので、言われるがままにWindows10にアップグレードしたらしい。その後は支障なく使用できていたが、最近動きが遅かったり、ブルースクリーンになったりする。折角Windows10に慣れてきたので、Windows10で引き続き使用したい。Windows7に戻しても一年半後にはサポートも切れてしまう。

Windows7からWindows10に無料アップグレードしたPCのプロダクトキーは、Windows7のままなのか、Windows10に新しく割り振られているのか調べる必要がある。

Windowsプロダクトキーは通常の操作では見られないので、Webで調べると「Windows Product Key Viewer」が良さげである。

これで確認すると、購入した時のWindows7のProductKeyと無料アップグレードしたWindows10のProductKeyは別物になっていることが判る。ProductKeyの表示画面をキャプチャしておく。

Microsoftのサイトから最新のWindows10(1803)をダウンロードして、ISOファイルを作成する。これでインストールして取得しているProductKeyを入力すればライセンス違反になることは無い。

作成したDVDから起動してWindows10をインストールしようとすると、「お使いのPCに必要なメディアドライバがありません。メディアドライバの種類としては、DVD、USB、ハードディスクドライバなどがあります。ドライバの入ったCD、DVD、USBフラッシュドライブをお持ちの場合は挿入してください。
注意:WindowsのインストールメディアがCD、DVDドライブにある場合は、この手順のために
メディアを取り出すことができます。」となってインストールできない。

ネットで調べるとISOファイルが正しく作成されていない可能性があるらしい。それでは準備してあったWindows10のDSP版を利用して、ProductKeyは取得していたものを入力する。

さすがSSD。インストールしてから「1803」にするまでの時間はHDDの1/5程度で終了した。使用するのに必要なソフトウェアをインストールする。OfficeはPCを購入する時に付属していた「Office2010 Home and Business」をインストールする。PCに付属していたOfficeなので、これもライセンス違反では無い。

「不明なデバイス」も発生せず、ドライバが足りないこともなく、Windows10は完全にインストールされたと思われる。

HDDからSSDにしたので、以前の環境よりも数段使いやすいPC環境になった。新しいPCを購入したような感覚である。後はご自宅の無線設定、メール設定、プリンタ設定をする必要がある。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年08月19日 | コメント (0)

2018年08月12日

Windows10への準備

現在はWindows7を使用している。2020年01月にはサポートが終了する。約1年半後にはWindowsを使用するのであればWindows10以降にしなければならないだろう。仕事でも操作するPCはWindows10、お客様へもWindows10のPCを納品している。

そんな時にAmazonのプライムデーでWindows10のDSP版を34%引きで発売した。なかなかここまで値引き販売している例はないのでポチッと。Windows10の事前準備を始める。

Windows7はProfessionalを購入して使用しているが、Windows10は価格も高騰してWindows10 Professionalを購入するには高いのでHomeを購入。

Windows10をインストールするにはクリーンインストールつもりである。主なハードウェアは既存のPCを使用するので、HDDかSSDを増設する。お客様へはSSD採用のノートPCを複数台納品しているが、自分はSSDを利用していなかった。SSDのスピードを体感するとSSDで決まりだろう。

PC用のメモリは価格が高騰しているが、SSDは値下がりしている。500GB程度のSSDも安くなっているが、とりあえずは256GBのSSDを購入してOS用にする。

初めて購入するのでブランド物のIntel SSD 256GBを購入する。500GBクラスのSSDでも12,000~13,000円程度で購入できるが、まずはお試しもある。現在のCドライブの使用量からすると少し足りないような気もするが、次もあるだろうから。

ネットの記事を読むとWindows10でWindowsUpdateを繰り返すと、HDDでは動きが遅くなりSSDではそれも解消したともある。BTOのPCで主な機能には満足だがSSDを選択できないと、気持ちが萎える。SSDをプライマリー、HDDはセカンダリーと選択できるような選択幅を持たせて欲しい。SSD選択だと急に価格が高騰するのも......。

PCケースは古いので2.5インチベイは無い。HDDベイは3.5インチ用なので2.5インチSSDを搭載するには2.5インチ→3.5インチ変換アダプタを使用する。タワー型PCケースなので移動することは殆ど無い。SSDは回転もしないのでベイ内で揺れることもない。ビスで止まっていれば、それで良い。

送料含めて200円しないものを選択。どうも中国からの発送のようだ。

Windows10とSSDはAmzonからの発送なので3日程で到着したが、このアダプタは10日間かかった。発送追跡を見ると、中国から徐々に日本に近づいてくることがわかる。まあ急いでいないので、10日でも2週間でも問題は無い。

Windows10化するに当たり必要なものは揃った。後は時間とやる気が必要となる。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年08月12日 | コメント (0)

2018年07月20日

体重計

体重・体脂肪計が表示されなくなった。

電池容量が少なくなると「LO」と表示されるはずだが、昨日まで使用していて、その表示も無い。体重計を置く時にガタンと置いて電池が緩んだかな?と思い電池室を開けると単三電池が液漏れしている。

電池の交換は過去の記録を見ると2年半に1回程度の頻度である。単三電池4本。機種はタニタの「BF-630」で十数年使用している。友人からのプレゼントであった。

電池の液漏れをしていると厄介で修復できない場合もある。時期的にもうすぐAmazonのプライムデーがあるから、それに合わせて購入するかを検討する。

調べると中華製でスマホで管理できるものは安価である。日本製は中華製の数倍の価格である。選ぶとしたら中華製かな。しかしレビューでは体重計測自体に誤差が出るとか、体脂肪率に誤差が出るとかの記述が多数ある。躊躇するような内容だが、その数値を基準に増減を見る方法もあるだろう。

さて、プライムデー当日を向かえる。発注する前に再確認。液漏れした電池をはずして、液漏れした部分を、紙ヤスリがなかったので、粗目の布で擦ってみる。新しい単三電池4本を入れ替えて登録番号をプッシュ。オッ、登録した身長が表示された。計測してみる。再使用可能になった。

直前に電池を交換したのが約1年前なので、電池の容量が無くなったのではなく、原因は電池の液漏れ。液漏れした電池はKodak。これまで日本製ではないかも知れないが日本メーカーの電池を使用してきて、十数年液漏れはしなかった。

たまたまかも知れない。しかし今後は日本メーカーの電池しか購入しないだろうと思った。安さを追求する場面も多かったが、その安さが機器を駄目にする場合もあるかも知れない。品質管理が違うのだろうか。

プライムデーで体重計を購入するのは止めた。Amazonを眺めていたらWindows10のDSP版を安く販売していたので、そちらに目が行く。そろそろWindows10を考えなければならないかな。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年07月20日 | コメント (0)

2018年05月06日

スマホ表示のバーコードを読み込んでもらう

ドメインの継続とレンタルサーバの継続時期が到来したので、契約更新をしなければならない。

料金の支払はいつもコンビニ払いなので、払込票を印刷して、それのバーコードを読み取ってもらいコンビニレジに表示された金額を確認する。

しかし、プリンタが不調で黒色が出にくい。これでは払込票を持参できない。印刷できない場合は払込票に表示される払込票番号を口頭でレジで伝えるように注意書には記載されている。13桁の数字を2種類間違わずに、聞き直されずに言うのも面倒だな。

スマホで対応できないだろうか?印刷物もスマホに表示されるのも解像度的には遜色ないだろう。スマホもフルHDなのだから。

PCのディスプレイに表示される払込票を印刷せずに、画面をキャプチャーする。そのJPEGをPDFで保存する。

そのPDFをGoogle Driveにアップして、コンビニ内でスマホに表示できるように準備する。うまく行かなければ払込票番号を口頭で伝えれば良い。

コンビニに到着し、スマホにGoogle DriveからPDFを表示する。バーコード部分をピンチアウトでスマホの画面に大きく表示させる。

コンビニ店員さんにスマホを見せて、これを読み取らせられるかを確認する。バーコードリーダをスマホに近づけて読み取る。レジに正しく表示された。もう1種類あるので、それもスマホに表示し読み取ってもらう。

スマホに表示したバーコードでも正常に読み取られる事が分かったので、プリンタの不調が直っても印刷せずにスマホにバーコードを表示して支払いすれば、プリントしなくとも良い。プリンタの使用機会が少なくなってプリンタの不調に気づきにくくなる。それは少し困る。

帰宅したら入金確認のメールが到着していた。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年05月06日 | コメント (0)