2018年11月10日

Kaciy Window Operation

アプリを起動した時に前回と同じ場所、同じ大きさでWindowが開いてくれない。特にMicrosoftのアプリがそうである。PCを起動した時に、ほとんど同時に起動するアプリは定位置に開いて欲しい。

タスクバーは左端に隠れるように設定しているので、大きめのWindowは上下にフルに開いて欲しい。Thunderbirdは上下が数ドット隅から離れた状態で開く。それをいつも上をつまんで上下一杯に広げる。Explorerも同様である。ある程度までは開いてくれるものもある。右端も数ドット開く。

Terapadは「表示」→「オプション」→「起動時のサイズと位置」にいつも開く場所と大きさを指定できるようになっている。他のアプリもそうなっていると良いのだが、そんなことまでは設定できるメニューをあまり見ない。

Google Chromeも探して、開く場所と大きさが設定されている場所を見つけたが、少しずらして終了すると、それが記憶されてしまう。

あまり本気になって調べなかったが、調べて解決しようと思った。まずはそれなりのアプリ(フリーソフト)がないのかを探した。

最初に見つけたのが「ウィンドウ位置記憶プログラム」。評価しているサイトも多いので使用・信頼されているアプリのようだ。

ダウンロード、設定(インストール程でもない)。設定方法もわかりやすいし、評価しているサイトも参考になる。スタートアップに入れて、起動後の動きも見てみる。

しかし下まで伸ばしたいのに、数ドット空いている。右端にくっつけたいのに数ドット空いている。気にしなければ使えないアプリではない。私の設定方法が悪いのか。しかしピタッと来ない。5点満点4点というところか。

それらを調べていると「Kaciy Window Operation」を見つけた。「ウィンドウ位置記憶プログラム」に比較すると評価しているサイトは少ないようだ。

開発者本人のサイトには「動作環境 Windows10 (64bit)」となっているので、私の環境には最適である。ダウンロード、インストール。

設定の中に「ウィンドウ移動中に画面端に貼り付ける」、「画面端に貼り付ける判定距離」の設定がある。このような設定があるって事は、私が希望する画面端までWindowを伸ばし、貼り付ける事ができるのであろう。

しかし「高さ」設定を「1080」に設定しても、下端に接しない。数ドット空いている。Windowsの「ディスプレイ」を確認しても、「解像度 1920 x 1080 (推奨)」となっている。いわゆるFullHDである。「AMD Catalyst Control Center」の「パネル情報」を見ても「検知された最大解像度 1920x1080」となっている。どう見ても最下端は1080ドットであろう。

「Terapad」を再度確認してみると「高さ」が「1080」だと下端が少し空いている。「今すぐ反映」ボタンがあるので、少しづつ大きくしていき「1087」で下端がピタッと合った。と言うことは。

「Kaciy Window Operation」の「高さ」にも「1087」を設定してみたら、これがピタッと収まった。どういうことだろうか。詳しく調べていないが、FullHDでも7ドット多く表示されているが、MicrosoftもAMDも1080だと言っている。でも7ドット差があると、2つのアプリが言っている。いつか何かをネットで見つけるだろうか。

設定ウィンドウがアイコンを主体として、そこから個々の設定に入る。それからは見やすい設定画面であるが、最初の入口がアイコンなのでわかりにくい。マウスカーソルを載せると簡単な説明が出るのだが、その説明が羅列されたものでも良いような気がした。

PC起動時に起動するアプリを設定して、再起動後も確認。動きは私が考えている通りの動きをしてくれる。このアプリよりも良い機能があり、使いやすいアプリを発見するまでは、「Kaciy Window Operation」を使い続けるだろう。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年11月10日 | コメント (0)

2018年10月02日

AMD RAM-DISK

SSDを利用してWindows10に更新したので、HDDをOSドライブにしていた頃に比較すると大幅にスピードアップした。がもっとスピードアップするためにRAM-DISKを利用することにする。

以前からRAM-DISKは利用していた。当時からメモリを12GB搭載していたので余剰と思われる4GBをRAM-DISKに設定していた。Google ChromeのCacheなどには利用せず、ダウンロード先にまずは設定して、それから然るべきところに移動したりしていた。

Windows7の頃はDATARAMの無料のRAMDISKを使用していた。当時は無料で4GBまで設定可能だったが、現在バージョンは2GBまでしか設定できない。

2GBでも足りないことはないが、以前が4GBまで設定できたので、それに相当するようなRAM-DISKが無料で欲しい。ネットで調べるとAMDのRAM-DISKがそれに該当する。

私が調べたところでは2GB以上は有料になるケースが多く、4GBで無料はAMDのRAM-DISKで決まりだろう。なおかつこのソフトはDATARAMのRAM-DISKのOEMで、内容はDATARAMのRAM-DISKと同一である。

インストールして、ドライブはRに、サイズは2GBで。4GBのソフトを探した意味がないが、まだ2GB多く設定できる余裕がある。

使用目的はブラウザーのCache。Google Chrome、Firefox、Vivaldiをインストールしているが、全てのCacheをRAM-DISKに設定する。各ソフトのCacheの設定方法はググって頂くとして。

ブラウザの動きもSSDで早くなったが、RAM-DISKを使用してもっと早くする。それとSSDの書き換え回数を減少させる効果も考えられる。12GBのメモリをギリギリまで使用するソフトも持っていないないし、Windowsもそこまで攻めきれないし。多めに搭載したメモリの有効利用。

Cacheなので、終了時に保存したり、起動時に保存した内容を戻したりは不要で、起動時にドライブを作成するだけの設定。無料だけど充分な機能。

持っている機器でお金をかけずに、より便利に使う。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年10月02日 | コメント (0)

2018年09月24日

F1A75-MをWindows10へ

Windows7の動きが変なのと、Windows10へ移行したいとのご希望で。

Windows7が起動しなくなって、何度か電源オン/オフを繰り返したりしているうちに起動するようになったが、動きがおかしい。右クリックで「新規作成」が出なかったり、メールの保存フォルダが無くなったり、筆王のデータ場所を忘れてしまったり。

Windows7のサポート期限も500日を切っているので、Windows10への無償移行期間には最後までWindows7を使用しようと思っていたが、この際Windows10へ移行する決断をした。

Windows10はクリーンインストールしたい。それでは私が既に実施した方法で、起動ドライブ用にSSDを新規購入して、これまでのHDDはデータ用やバックアップ用として継続使用する。この提案を了承頂き部材を調達する。

部材は私がWindows10にしたのと同じで、Windows10Home64bit、INTEL SSD256GB、3.5→2.5変換マウンタ。それと手持ちのSATAケーブル。これらを準備して日程を詰めて実施。

事前に調査していった、OutlookからOutlookへの移行の手順通りに進めようと確認したら、メーラはWindowsLiveメールだった。私が勝手にOutlookへ過去に移行したと思っていた。その場でLiveメールからOutlookへの移行手順を確認して実施。

アドレス帳の移行にはOutlookがインストールされていなければ、手順が進まない。ただExportしたいだけなのに。Office2010のDVDからOutlookだけをインストールしようとしたら、Excel、Wordが消されてしまった。まあWindows10までは使用しないから良いか。正しくはExcel、Word、Outlookをインストールし直さなければならなかったらしい。メッセージもExportする。

筆王の住所録は以前からDドライブに保存してあるので、あえてバックアップは取らずにWindows10移行後に住所録の場所を筆王に教え込む。

さてSSDを設置してWindows10のインストールを開始する。Windows10も1803までバージョンアップする。これがHDDならば待ちきれない時間を過ごさなければならないが、SSDのおかげで2時間と少しで終了した。HDDのノートPCでこの作業を一晩かけて行った経験がある。SSDでなければ客先でWindows10のバージョンアップは無理だろう。

約7年前近く前のマザーボードだが問題なくWindows10がインストールできて、マザーボードに載っている各部品のドライバもインストールされて正常に可動している。LANもグラフィックもAUDIOも。BIOSは1702なのでアップデートしないと駄目かなと思っていたが問題なかった。LANはQualcomm、グラフィックはRadeon、AUDIOはVIA、ドライバを集めているMicrosoft、配信している各メーカも素晴らしい。

GoogleのChrome、日本語IMEをインストール。これは定番。Edgeは使いやすいとは思えず、日本語IMEはMicrosoftのIMEと比較して使っていて違いがわかる。

バックアップを取得したWindowsLiveメールのアドレス帳をOutlookへインポートしようとするが、何分待っても終了しない。終了するとダイアログが消えるとあるが、消えない。キャンセルしてタスクマネージャーを見ながら操作するが、初めはCPUを使用しているが、使用しなくなってもインポートは終了しない。限られた時間なのでアドレス帳の移行はこの際、諦める。メールデータのインポートは難なく終了。

プリンタドライバはWebサイトからWindows10用をダウンロード、インストール。DVDのレーベル印刷を行うとのことでEasy-Photo Print EX以外のうるさい周辺ソフトはインストールしない。

いつも開くWebサイトはホームページに設定して、起動すると開くように。GoogleChromeとIEとに分散して設定。Edgeはあくまでも蚊帳の外。

スタート画面はデスクトップに貼り付けるショートカットの置き場所として活用する。インストール時点でピン留めされているゲーム類のショートカットは「スタートからピン留めを外す」で殆どは無くしてしまう。その替わりに、これまでデスクトップに貼っていたショートカットをピン留めする。これで隠れていたショートカットを表示するためにアプリを小さくしていた動作は必要なく、Windowsボタンをクリックすることで表示させることが出来る。デスクトップ代わりである。

まだまだカスタマイズで足りない部分があるが、本日はこの程度で終了。客先での作業なので時間が限られてしまう。使いにく部分がありましたら、またお呼びください。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年09月24日 | コメント (0)

2018年08月28日

クリーンインストール Windows10

さて、時間とやる気が出来たのでWindows10をクリーンインストールする。PCは今までWindows7で使用していた機器をそのまま継続使用する。

ブラウザはGoogle Chromeを主に使用している。ブックマークは「Google Bookmarks」を使用しているので、クラウドにお預け状態。Gmailも利用しているが、Thunderbirdからメール送信をする時に、自動的にBCCを付加して、送信したメールを保管している状態。問題は種々のサイトに入る時に、登録したパスワード。これを移行しなければならない。

調べてみたら、このパスワードはPC本体に保存しているのではなく、Googleのクラウドに保管されているのだ。「passwords.google.com」で見られるとのことで、スマホで入ってみたらPCに登録されていると思っていたパスワードが見られる。「エーッ!」これもクラウド保管だったのか、Google。

Chromeの他の設定関連も移行したい。これは「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default」をフォルダまるごとコピー保存して、Windows10でGoogle Chromeをインストールしたら同じ場所に上書きコピーすれば良いらしい。

Google IMEにも少ないが辞書登録している。Microsoft IMEは使用していない。これは「辞書ツール」からエクスポート・保管しておく。

メーラはThunderbirdを使用しているので、過去のメールを含めて、この環境を移行したい。「ヘルプ」→「トラブルシューティング情報」を開くと「プロファイルフォルダー」に「フォルダーを開く」ボタンがある。このフォルダが移行するのに必要なフォルダである。接続先情報や過去のメールなど入っている。

使用しているフリーソフトやドライバ等はいつも2世代保存しているので、どうにかなるだろう。保存している場所もCドライブの「ダウンロード」ではない。自分の「Download」フォルダに製品別に保管。Windows10に対応していないものはそのサイトに行って新規にダウンロードすれば良い。

いよいよ購入していたWindows10とSSDと2.5→3.5マウンタを使用して、Windows10のインストールである。たんたんとテキパキと進んでいく。途中で「Mircosoft サインイン」しろと言ってくるので、入れたら、その後「PIN」を入れろと言う。これでPCにサインインしたりするらしい。入れないと先へ進めない。嫌だ!。自宅で使用しているPCにパスワードらしいものは付加したくない。必要であればファイルにパスワードを付加する。トラブルで他のPCから接続する時に面倒になるから。

インストールし直すことにする。「Microsoft サインイン」はスキップする。これまでのWindows7と同じようにサインインすることなしに、電源をオンにすると使用できる状態になる。サインインを設定していると電源をオンにして席を離れていても使用可能にはならず、サインインしなければならない。

Microsoftに種々の情報を吸い上げるような設定があるが、すべてお断りする。Microsoftはスマホが無いからPCから情報を吸い上げようと必死に見える。OSとして確かに機能して使用感が上昇するような機能を強化してほしい。例えばエクスプローラを起動すると、その度に位置が変化する。いつも同じ所で、同じ大きさで開いてほしい。その点、位置を設定できるソフトは嬉しい。

Excelも中途半端な大きさで開く。上から下まで、横幅は前回の幅で開いてほしい。Enterを押したときのカーソルの動きが下へ動くので、右に変更したり、「最近使用したファイル」をピン留めしたり、Windows7時に使用していた状態へ移行する。

HDDのドライブ・レターが動いたのでCドライブを除いて、Windows7時の記憶と同じようにドライブ・レターを変更する。

フリーソフトで、Defaultのフォルダではなく、指定したフォルダにインストールして、データも指定したフォルダに入れておいたソフトは、そのまま起動して何も設定しなくてもWindows7と全く同じように機能するのは嬉しい限りである。

「foobar2000」を調べたらバージョンが1世代古かったので、ダウンロード、インストールしたら、4年前にカスタマイズした内容が再現されなかった。「ColomnsUI」もバージョンアップしていなかった。「foobar2000」をダウンロードしたまま使用するのは寂しすぎる。花が無い。カスタマイズするために生まれてきたようなソフトである。

4年前に記したblogを参照したが、それだけではうまく行かず、また調べ直しながら4年前にカスタマイズした内容を再現できた。光デジタルケーブルを介してサラウンドシステムを接続しているが、そのドライバがMicrosoftのドライバになっているので、ReltekのサイトでWindows10用の「High Definition Audio Codecs Driver」をダウンロード、インストールする。これで音楽関係はWindows7時の環境と同じになった。

SUICAを読ませようとしたらWindows10ではDriverが変更されているらしい。「NFCポートソフトウェア」が必要になり、その後「SFCard Viewer 2」をインストールする。これでSUICAも読ませられる。スマホでも確認は出来るが、CSVにしてExcelに入れたりするには、こちらが便利である。

スタート画面の余計なピン留めを外したり、アンインストールしたり。スタート画面は半分遊びのような内容でMicrosoft Storeへ行かせてOS以外のものを購入させようとしているように見える。広告OSカヨ!。Control Panelをピン留めした。

一番はSSDにしたおかげでPCの動きが素早い。Windows10も動きは早くなっているのだろうか。SSDはCドライブだけで、他のアプリ、ソフトはHDDにインストールしている。それでもSSDの動きの速さが貢献しているのだろうと思う。他のドライブもSSDなら、CPU、メモリの本来の速さが実感できるのだろうか。SSDの使用量は32GB程度なのでまだまだ余裕はある。

http://www.ktservices3.com/

投稿者 owner : 2018年08月28日 | コメント (0)